金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報

TOP > 病院のご案内 > 院長あいさつ



院長あいさつ
理念と方針
概要
沿革
戸室石だより
院内コンサート
NHO PRESS
血管病センター
がん診療部
外来治療センター
ボランティア募集
貴重な文化財
病院へのご寄附のお願い
イベント
  院長あいさつ
 金沢医療センターは、140病院で構成される国立病院機構において、「高度総合医療施設」として政策医療を担っており、とりわけ「がん診療」「循環器・血管疾患」に取り組んでいる病院です。
また、地域医療支援病院として、地域医療の中核病院としての役割を果たすことを最優先課題と認識しております。これまでも地域医療連携室を通じて病病・病診連携を積極的に展開し、開放型病床の提供、より充実した救急医療体制の構築、がん患者さんを含めた地域包括医療の推進に務めて参りました。さらに周産期母子医療、身体合併症を有する精神疾患医療にも積極的に取り組んでおります。
その他、より質の高い医療の提供のためには臨床研究の継続が必須ですが、当院では臨床研究部を組織し研究支援体制を整え、質の高い臨床研究に基づいた情報発信に努めています。

患者さんにとっては、病院に対する親近感、心地良さが闘病・療養生活における心の余裕、気持ちの平穏に繋がると思います。当院において「地域に開かれた病院を目指して」毎年10月に催されている「病院祭」はすでに11回を数え、来場者は1000人を超すまでに成りました。また「入院生活に潤いの場を」のコンセプトのもとに始まった院内コンサートは90回を数え、さらに平成26年からは、地域の医療従事者から成るオーケストラ「メディカルオーケストラ金沢」が編成され、当院の講堂において定期的に演奏会が催されています。毎回100名を超える患者さんやその家族が来場されており、癒しの場として定着して参りました。残念ながらこの1年はコロナ禍にあって、これらの催し物は一時中断を余儀なくされておりますが、一方で新型コロナ感染症対策としては、感染患者さんの治療に始まり、感染防御の徹底、ワクチンの接種等、病院全体でその持てる機能を総動員して取り組んでいるところです。

 「私たちは、生命の尊さと人権を尊重し、安全で最良の医療を目指します」を当院の理念とし、国立病院機構の理念に掲げられた「患者の目線に立って懇切丁寧に医療を提供する」という姿勢を貫くために、日々組織のチーム力の向上に努め、皆様の期待に応えて参ります。今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年7月
院長 越田 潔