金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 臨床研究部> 院長より
臨床研究部
臨床研究部
臨床研究部の紹介
院長より
研究室の構成
年度計画
治験管理室
多施設臨床研究推進室
循環動態研究室
予防・治療開発研究室
生体反応研究室
生化学反応研究室
院内助成研究
公開検討会
倫理委員会
院外研究院の申し込み
研究部へのご支援のお願い
-
  院長より

当院の臨床研究部は動脈硬化性疾患を基本とした血管疾患、すなわち動脈硬化症の形成・進展、予防、治療などを系統的に研究することを目的として、平成8年9月に新設された。そして、臨床研究部と密接に連携・対応する診療部門として、血管病センターも平成11年4月から運用され現在に至っているのである。

この間、臨床研究部は厳しい医療環境の中にあっても、公的助成研究、院内助成研究、あるいは政策医療ネットワークを基盤とした臨床研究などの研究課題数を着実に積み重ね、輝かしい成果を発表してきた。特に、平成16年4月の独立行政法人化移行はEBM研究や多施設共同研究へ積極的に参加し当院の研究力とともに、その存在を大いに示してきたところである。

さて、これまでの臨床研究部は血管病センターと緊密に連携を保ち運用してきたが、平成20年4月からは研究活動性を高めるために、従来の血管疾患の研究領域に加え、当院の診療特性を活かした研究領域、即ちがん領域や政策医療分野、そして臨床試験領域を新たな研究対象とし、多くの職員が積極的に研究に参画出来る環境を整え再スタートした。

第一線病院における臨床研究部の活動は日々の診療の中から新しい問題点や課題を見出して研究し、その成果は臨床に還元できるものでなくてはならない。国立病院機構の共同研究グループはこれらの社会的ニーズに応じ、研究活動性の高い領域を中心として構築される方針である。当臨床研究部も数多くの研究領域に参画し、質の高い研究に邁進して患者のQOLや臨床成績の向上に貢献出来るよう努力を重ねて頂きたいと願っている。

臨床研究部の更なる飛躍を期待している。