金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 耳鼻いんこう科
耳鼻いんこう科
耳鼻いんこう科
耳鼻いんこう科の紹介
外来診察・スタッフ紹介
ASSR(聴性定常反応検査)
  耳鼻いんこう科

部長紹介

瀧口 哲也
部長 
瀧口 哲也
氏名 瀧口 哲也
職名 部長
専門分野 神経耳科(めまい、難聴、顔面麻痺など)、小児難聴(新生児難聴、滲出性中耳炎など)、副鼻腔内視鏡手術、扁桃コブレータ手術、頭頸部手術など
資格など 医学博士、日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医、日本気管食道科学会専門医、日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医、金沢大学臨床教授
アピール 良い医療を提供できるよう心がけています。
   
氏名 青木 蓉子
職名 医師
専門分野 耳鼻咽喉科一般
資格など 日本耳鼻咽喉科学会専門医
アピール 日々の診療に誠意を持って向き合いたいと思っております。
   
氏名 廣瀬 みずき
職名 医師
専門分野 小児難聴
資格など 日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本耳鼻咽喉科学会、補聴器相談医、日本耳鼻咽喉科学会、石川県補聴器キーパーソン
アピール 木曜のみの外来で、他の曜日は自分のクリニックで勤務しています。乳幼児、お子さんの難聴をライフワークとして取り組んでいます。


診療内容・特徴

耳鼻咽喉科全般を取り扱っています。
1) 突発性難聴にはプレドニン60mg+プロスタグランディンE1治療を採用しております。糖尿病など合併症を有する方には入院で血糖などをコントロールしながら治療しています。
2) 新生児難聴の診断に有用なASSR(聴性定常反応検査)が平成20年1月から稼働しています。生後1か月目からASSR検査をおこないます。1か月目に電話予約いただくと、初診日に検査が可能です。おこさんの自然睡眠をまって検査しますので、2時間ほどかかります。予約なしで検査するのは難しいのでご了承ください。
3) メニエール病重症例(従来の治療を8週間おこなってもめまい発作を繰り返し外科的治療が考慮されるもの)には中耳加圧治療を開始しています。
4) 良性発作性頭位めまいには診断の上、理学療法を行っています。
5) 従来原因がはっきりしなかった持続性知覚性姿勢誘発めまいや心因的あるいは精神疾患と関連しためまいについても積極的に関わっています。精神科に紹介させていただくこともあります。
6) 副鼻腔内視鏡手術にはナビゲータを使用し副損傷のない手術を目指しています。
7) 低温で組織を切除できるコブレータを使用して扁桃手術をおこない、術後の疼痛緩和や入院期間の短縮を図っています。

主な対象疾患

めまい(メニエール病、良性発作性頭位めまいなど)。突発性難聴、新生児難聴、顔面神経麻痺。中耳炎(滲出性、慢性、真珠腫性)、慢性副鼻腔炎、扁桃炎、深頸部感染症、声帯ポリープ、頭頸部癌、耳下腺顎下腺腫瘍。嚥下障害など。


代表的な手術や治療件数

2019年1月〜12月
鼓膜チューブ留置 45側、抜去32側
鼓膜形成、鼓室形成 6側
副鼻腔内視鏡手術 28側
鼻骨骨折 5例
下鼻甲介手術 8側
鼻中隔手術 3例
口蓋扁桃摘出術 26例
アデノイド切除術 7例
喉頭微細手術 14例
頚部リンパ節生検 14例
頚部郭清術(単独) 3例
耳下腺腫瘍摘出 4例
顎下腺摘出術 2例
甲状腺腫瘍摘出術 6例
気管切開術 4例
など 197例、233側の手術を行いました。


最近の学会発表

2019年11月 第73回国立病院総合医学会で発表した成果を紹介いたします。本院の広報誌戸室石で紹介したものを再掲いたします。
戸室石だよりvol.78より

新生児聴覚スクリーニング結果等





地域連携への取り組み、姿勢

めまいの検査結果、診断は、温度刺激検査など定量的評価と詳細な報告書を地域の診療所に報告しています。新生児聴覚スクリーング後の精密検査は、あらかじめFaxなどでご予約下さい。